表示灯


1.設置基準
(1) 表示灯は、発信機の直近に設け、赤色のもので常時点灯し、その取付け面と15°以上の角度となる方向に沿って、10m離れた場所から点灯していることが容易に識別できるものであること。
(2) 消火栓用表示灯の直近に発信機(消火栓連動を含む。)を設けた場合は、自動火災報知設備の表示灯を設けないことができる。


2.施工方法

1)設置位置
表示灯は、発信機の直近(消火栓箱等)に設け、通行の支障とならず、かつ、見やすい位置とする。また、表示灯は下図のように、取付け面から15°以上の角度となる方向に沿って10m離れた位置で点灯していることが、容易に識別できる位置に設けること。

2)施工方法
表示灯
確実に取付け、使用ランプの定格が指定される場合は、指定された定格以外のランプは使用しないこと。配線は、確実に端子等に接続すること。なお、雨水のかかるおそれのある場所に取り付ける場合は、配線等(ボックス)に雨水が浸入しないように措置すること。

発信機・音響装置・表示灯



住宅用火災警報器は、通販でも購入できます。