自動火災報知設備設計基準


火災報知設備の設計は、設備仕様書等と同様、施工の指針となる重要なものであるため、設計に際しては、消防関係法令及び各種通知等並びに指導事項等の関係条項を十分に理解し、かつ、設置する防火対象物の用途、規模及び構造に適合するように設計する必要がある。
なお、本基準の原則的事項はすべて政令大21条、規則第23条及び第24条の2の技術上の基準並びにその特例、その他関係条項等によるものであるが、特殊な物件に対しては消防機関等と十分に協議の上、設計を行う必要がある。

住宅用火災警報器は、通販でも購入できます。