粉末消火設備

粉末消火設備とは?
ボンベに蓄圧された窒素ガス又は二酸化炭素で、噴射ヘッド又はノズルから粉末消火剤を放射するものであり、制御効果、窒素効果等により消火を行なうといわれている。
消火剤の種類
消火剤の種類 主 成 分 一般火災(A) 油火災(B) 電気火災(C)
第1種 粉末 炭酸水素ナトリウム
第2種 粉末 炭酸水素カリウム
第3種 粉末 りん酸塩類等
第4種 粉末 炭酸水素カリウムと
尿素との反応物
駐車場には第3種粉末が使用されている。
放出方式の種類
放出方式 特  徴 代表的な対象物


全   域
放出方式
一定の防護区画内の全域に消火剤を放出するもの。 駐車場・変圧器室・ボイラー室・油庫・塗料倉庫・薬品庫・遮断器室・弁室
局   所
放出方式
防護対象物に直接放射する方式 焼入油槽・油タンク・ボイラー・油ピット
移 動 式 人が操作するので煙の充満するおそれのある場所には設けないこと。 屋上駐車場・修理工場その他小規模の火災
粉末消火設備の系統図
操作順序の例






















































消火剤
放   射





警 報
連動機器作動
Ex.シャッター閉鎖
ファン停止等














─────→


住宅用火災警報器は、通販でも購入できます。