消防法
第3章の2(危険物保安技術協会)
第十六条の十八(自治大臣の認可、審査)
 自治大臣は、設立の認可をしようとするときは、前条第一項の規定による認可の申請が次の各号に適合するかどうかを審査して、これをしなければならない。
 一 設立の手続並びに定款及び事業計画書の内容が法令の規定に適合するものであること。
 二 定款又は事業計画書に虚偽の記載がないこと。
 三 職員、業務の方法その他の事項についての業務の実施に関する計画が適正なものであり、かつ、その計画を確実に遂行するに足りる経理的及び技術的な基礎を有すると認められること。
 四 前号に定めるもののほか、事業の運営が健全に行われ、危険物の貯蔵、取扱い又は運搬に関する保安の確保に資することが確実であると認められること。

住宅用火災警報器は、通販でも購入できます。