消防法
第4章 消防の設備等
第十七条の十一(手数料)
 消防設備士試験、消防設備士免状の交付、書換え若しくは再交付又は消防用設備等の工事若しくは整備に関する講習を受けようとする者は、政令で定めるところにより、実費を勘案して政令で定める額の手数料を都道府県(第十七条の九第一項の規定による指定を受けた者(以下この条において「指定試験機関」という。)が行う消防設備士試験を受けようとする者にあつては指定試験機関、前条の規定により自治大臣が指定する市町村長又は同条の規定により自治大臣が指定する市町村長以外の機関(以下この条において「指定講習機関」という。)が行う消防用設備等の工事又は整備に関する講習を受けようとする者にあつてはそれぞれ市町村又は指定講習機関)に納めなければならない。
 2 前項の規定により指定試験機関又は指定講習機関に納められた手数料は、それぞれ指定試験機関又は指定講習機関の収入とする。

住宅用火災警報器は、通販でも購入できます。