消防法
第4章の2 消防の用に供する機械器具等の検定等
第1節 検定対象機械器具等の検定
第二十一条の十一(自治大臣の行う検定等)
 自治大臣は、協会が、検定対象機械器具等についての試験又は個別検定を行う機能の全部又は一部を喪失したことにより、当該試験又は個別検定に関する業務を行うことが困難となつた場合において、特別の必要があると認めるときは、型式承認を受けようとする者の申請に基づき検定対象機械器具等についての試験を行い、又は型式承認を受けた者で個別検定を受けようとするものの申請に基づき検定対象機械器具等の個別検定を行うことができる。
 2 自治大臣は、前項の規定により試験を行い、又は個別検定を行う場合は、あらかじめ、当該試験又は個別検定を行う検定対象機械器具等の種類及び当該試験又は個別検定を行う機関を公示しなければならない。
 3 第二十一条の三第二項及び第三項の規定は第一項の規定により自治大臣が試験を行う場合に、第二十一条の七、第二十一条の八第一項及び第二十一条の九の規定は第一項の規定により自治大臣が検定対象機械器具等の個別検定を行う場合に、前条の規定は第一項の規定により自治大臣が行つた個別検定の合格の効力について準用する。
 4 協会は、第二項の規定により公示された期間中は、同項の規定により公示された種類の検定対象機械器具等については、試験を行い、又は個別検定をすることができない。

住宅用火災警報器は、通販でも購入できます。