消防法
第4章の2 消防の用に供する機械器具等の検定等
第四節 指定検定機関
第二十一条の五十二(事業計画、収支予算の作成・変更の認可)
 指定検定機関は、毎事業年度、事業計画及び収支予算を作成し、当該事業年度の開始前に(第二十一条の三第一項の規定による指定を受けた日の属する事業年度にあつては、その指定を受けた後遅滞なく)、自治大臣の認可を受けなければならない。これを変更しようとするときも、同様とする。
 2 指定検定機関は、毎事業年度、事業報告書及び収支決算書を作成し、当該事業年度の終了後三月以内に、自治大臣に提出しなければならない。

住宅用火災警報器は、通販でも購入できます。