消防法
第4章の2 消防の用に供する機械器具等の検定等
第1節 検定対象機械器具等の検定
第二十一条の六(型式承認の失効)
 自治大臣は、型式承認を受けた者が次の各号のいずれかに該当するときは、当該型式承認の効力を失わせることができる。
 一 不正の手段により当該型式承認を受けたとき。
 二 正当な理由がなく、当該型式承認を受けた検定対象機械器具等に係る個別検定の申請を、当該型式承認をした旨の通知を受けた日から二年以内にしないとき、又は引き続き二年以上しないとき。
 2 前条第二項の規定は前項の規定により型式承認の効力を失わせたときについて、同条第三項の規定は前項の規定による処分の効力の発生について準用する。

住宅用火災警報器は、通販でも購入できます。