消防法
第七章の二 救急業務
第三十五条の六(都道府県の救急業務要請等)
 都道府県知事は、救急業務を行なつていない市町村の区域に係る道路の区間で交通事故の発生頻繁であると認められるものについて当該交通事故のより必要とされる救急業務を、関係市町村の意見をきいて、救急業務を行なつている市町村に実施するよう要請することができる。この場合において、その要請を受けた市町村は、当該要請に係る救急業務を行なうことができる。
 2 都道府県は、救急業務を行なつていない市町村の区域に係る高速自動車国道又は一般国道のうち交通事故により必要とされる救急業務が特に必要な区間として政令で定める区間(前項の要請により救急業務が行なわれている道路の区間を除く。)について、当該救急業務を行なつていない市町村の意見をきいて、当該救急業務を行なうものとする。この場合において、当該救急業務に従事する吏員その他の職員は、地方公務員法(昭和二十五年法律第二百六十一号)の適用については、消防職員とする。

住宅用火災警報器は、通販でも購入できます。