消防法
第七章の二 救急業務
第三十五条の七(救急業務の協力要請等)
 救急隊員は、緊急の必要があるときは、第二条第九項に規定する傷病者の発生した現場付近に在る者に対し、救急業務に協力することを求めることができる。
 2 救急隊員は、救急業務の実施に際しては、常に警察官と密接な連絡をとるものとする。

住宅用火災警報器は、通販でも購入できます。