消防法
第九章 罰則
第三十九条の二(危険物流出罪(故意))
 製造所、貯蔵所又は取扱所から危険物を漏出させ、流出させ、放出させ、又は飛散させて火災の危険を生じさせた者は、三年以下の懲役又は二百万円以下の罰金に処する。ただし、公共の危険が生じなかつたときは、これを罰しない。
 2 前項の罪を犯し、よつて人を死傷させた者は、七年以下の懲役又は五百万円以下の罰金に処する。

住宅用火災警報器は、通販でも購入できます。