消防法
第2章 火災の予防
第六条(出訴期間等)
 第五条の規定による命令又はその命令についての不服申立てに対する裁決若しくは決定の取消の訴えは、その命令又は裁決若しくは決定を受けた日から三十日以内に提起しなければならない。
 2 前項の期間は、不変期間とする。
 3 第五条の規定による命令を取り消す旨の判決があつた場合においては、当該命令によつて生じた損失に対しては、時価によりこれを補償するものとする。
 4 第五条に規定する防火対象物の位置、構造、設備又は管理の状況がこの法律若しくはこの法律に基く命令又はその他の法令に違反していないときは、前項の規定にかかわらず、同条の規定による命令によつて生じた損失に対しては、時価によりこれを補償するものとする。
 5 前二項の規定による補償に要する費用は、当該市町村の負担とする。

住宅用火災警報器は、通販でも購入できます。