消防法
第2章 火災の予防
第七条(建築物の許可等の同意)
 建築物の新設、増築、改築、移転、模様替、用途の変更又は使用について許可、認可又は確認をする権限を有する行政庁又はその委任を受けた者は、当該許可、認可又は確認に係る建築物の工事施工又は所在地を管轄する消防長又は消防署長の同意を得なければ、当該許可、認可又は確認をすることができない。ただし、確認に係る建築物が都市計画法(昭和四十三年法律第百号)第八条第一項第五号に掲げる防火地域及び準防火地域以外の区域内における住宅(長屋、共同住宅その他政令で定める住宅を除く。)である場合においては、この限りでない。
 2 消防長又は消防署長は、前項の規定によつて同意を求められた場合において、当該建築物の計画が法律又はこれに基づく命令若しくは条例の規定(建築基準法(昭和二十五年法律第二百一号)第六条第三項の規定により建築主事が同法第六条の二第一項各号に掲げる建築物の建築(同項第一号に掲げる建築物にあつては、新築に限る。)について確認する場合において同意を求められたときは、同項の規定により読み替えて適用される同法第六条第一項の政令で定める規定を除く。)で建築物の防火に関するものに違反しないものであるときは、同法第六条第一項第四号又は第八十七条の二に係る場合にあつては、同意を求められた日から三日以内に、その他の場合にあつては、同意を求められた日から七日以内に同意を与えて、その旨を当該行政庁又はその委任を受けた者に通知しなければならない。この場合において、消防長又は消防署長は、同意することができない事由があると認めるときは、これらの期限内に、その事由を当該行政庁又はその委任を受けた者に通知しなければならない。

住宅用火災警報器は、通販でも購入できます。