消防法
第2章 火災の予防
第九条の二(圧縮アセチレンガス等の貯蔵と取扱いの届出)
 圧縮アセチレンガス、液化石油ガスその他の火災予防又は消火活動に重大な支障を生ずるおそれのある物質で政令で定めるものを貯蔵し、又は取り扱う者は、あらかじめ、その旨を所轄消防長又は消防署長に届け出なければならない。ただし、船舶、自動車、航空機、鉄道又は軌道により貯蔵し、又は取り扱う場合その他政令で定める場合は、この限りでない。
 2 前項の規定は、同項の貯蔵又は取扱いを廃止する場合について準用する。

住宅用火災警報器は、通販でも購入できます。